埼玉県の狭山茶 自園自製の日本茶・緑茶 茶舗 市川園

埼玉県所沢市の狭山茶 自園自製の日本茶・緑茶 茶舗 市川園

美味しいお茶ができるまで
HOME >  店舗情報  > 美味しいお茶ができるまで

美味しいお茶ができるまで

お茶作りの流れ

茶畑
  • 1.お茶の摘み取り

    1.お茶の摘み取り

    狭山茶は4月から一番茶の摘み取りが始まります。

    市川園ではこの乗用型摘採機という機械で茶葉の摘み取りをします。

  • 2.摘み取られた茶葉は工場へ運ばれます

    2.摘み取られた茶葉は工場へ運ばれます

    乗用型摘採機には茶葉を集めてためておく箱が搭載されています。

    この箱は取り外しが可能で、箱が一杯になったら、工場の機械に
    茶葉を移し変えます。

  • 3.蒸し工程へ

    3.蒸し工程へ

    集められた茶葉は工場に運ばれ、蒸気で蒸されます。

    蒸し方でお茶の個性が出てきます。

  • 4.葉打ち工程へ

    4.葉打ち工程へ

    蒸された茶葉は別の機械に移され、水分が取り除かれます。

  • 5.形を整えます

    5.形を整えます

    蒸してからこの工程が終わるまで約4時間かかります。

  • 6.乾燥させます

    6.乾燥させます

    形を整えた茶葉を約20分程乾燥させます。

  • 7.さらにきれいに加工します

    7.さらにきれいに加工します

    さらに細かい不純物を取り除き、形の整った茶葉だけを
    商品として出荷します。

  • 8.焙煎工程へ

    8.焙煎工程へ

    焙煎をして、仕上げをします。

  • 9.袋詰めをします

    9.袋詰めをします

    商品ごとに袋詰めをします。

  • 10.出荷します

    10.出荷します

    袋詰めした商品は、店頭販売や配達でお客様のもとへ届きます。

美味しいお茶の入れ方

  • 美味しいお茶の入れ方

    1.人数分の茶碗にお湯を8分目ずつ注いで冷まします。
    2.お茶の葉を急須に入れます。1人分3g、2人分5~6gの茶葉を入れます。
    3.湯冷まししたお湯を急須に注いで30秒待ちます。
    4.お茶を茶碗に均等に注ぎます。
    均一に、濃淡のないように「廻し注ぎ」(各茶碗に少しずつ注ぎ分ける)をします。急須を振って、濃く出していただくと、より美味しく入れられます。最後の1滴まで注ぎ切るのがポイントです。

  • 茶碗にお湯を注ぐ
  • 急須にお湯を注ぐ
  • お茶を廻し注ぎする